• HOME
  • > 呼気中一酸化窒素濃度の測定について

外来案内

呼気中一酸化窒素濃度の測定について

当院に新しく呼気中一酸化窒素濃度(FeNO)の測定器が入りました。
呼気中一酸化窒素というのは気管支喘息における気道のアレルギー性炎症と相関があることが分かっています。今まで当院にて喘息、もしくは咳喘息の診断を行うときには聴診その他のいわば患者様に具体的に示しにくいものを基にして診断を行ってまいりました。しかしながら客観的に患者様にお示しできる指標がなかっため、患者様から今まで私は喘息などと言われたことはないのに本当なの?などというご不満の声をいただくこともありました。
この測定機器は

  • 1:気管支喘息、咳喘息の診断の一助
  • 2:気管支喘息や咳喘息の治療効果の判断材料の一つ

として具体的な数字を患者様にお示しすることができるため、患者様にも診断を納得していただきやすくなるものと考えています。
ただしこの測定機器はそれだけで確実に診断を下せるといった測定機器ではありません、今までのような診断方法も行いながらこの機器による検査も追加することによってより一層患者様に診断をご納得いただきやすくなると考えています。
従前にもまして皆様方に健康的な生活を維持していただけるよう努力してまいりますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

測定器

測定器

ページの先頭へ

蓮田一心会病院

〒349-0123 埼玉県蓮田市本町3-17 TEL.048-764-6411