外来案内

睡眠時無呼吸症候群(SAS)について

皆さま、『睡眠時無呼吸症候群』という言葉をお聞きになったことはありますでしょうか?

多分、大体の方がなんとなく聞いたことがあるかな、という感じだと思いますが、日本でこの病気が有名になったのは平成15年2月26日、山陽新幹線の運転士が新幹線の運転中に居眠りをし、新幹線がATS(自動列車停止装置)によって緊急停止をするという事件があり、その運転士が『睡眠時無呼吸症候群』という病気を患っていたことがニュースなどで報道され、一気にこの病気が有名になりました。それから徐々に一般の方にも浸透していき、一緒に寝てらっしゃるパートナーの方がいびきがひどい、呼吸が止まる、などの症状を見つけられたり、またご本人が夜間十分な睡眠をとっているにもかかわらず昼間の眠気があったり、ひどい場合には本人が知らない間に居眠りをしている場合には、ご自身が心配になって、またはパートナーの方に勧められて外来受診をされるようになりました。しかし、睡眠時無呼吸の検査ができる病院というのは今のところ限られています。当院では睡眠時無呼吸検査を行っておりますのでおかしいかな?と思われたらぜひ内科もしくは呼吸器内科を受診してください。

まず、機械を自宅へ持って帰っていただき自宅で検査を行う簡易検査というものを行って頂きます。その検査の結果は3つに分かれます。

  • 睡眠時無呼吸の疑いはない、あるいは非常に軽度で治療の必要性はありません。
  • 睡眠時無呼吸の疑いがあります。治療の必要があるかどうかを判定するために精密検査をする必要があります。
  • 睡眠時無呼吸症候群です。治療の必要があります。

2.の場合には当院にて一泊入院していただき、ポリソムノグラフィー(PSG)という検査を受けていただきます。入院といっても夕方〜夜に入院していただき、機械を付けて就寝。朝、機械を外して退院という流れですので会社からの帰りに病院によって入院していただき、朝病院からそのまま出社していただくことも十分可能です。(当院は蓮田駅から徒歩2分の場所にあります。)

睡眠時無呼吸症候群は症状がなくても怖い病気です。脳血管障害や各種心臓病の危険因子になることが示唆されています。まずは、お気軽に呼吸器内科に受診し、ご相談ください。

呼吸器内科医師  佐々木茂樹

  • 受診案内
  • 休診・代診案内

採用情報

看護師、看護補助者、薬剤師、臨床検査技師、病院事務を募集しています! 2016/04/01

  • 新棟増築工事のお知らせ
  • ぜんそく診断機器導入しました
  • 禁煙外来
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 訪問看護のご案内
  • 訪問リハビリテーションのご案内
  • 特定健康診査のご案内
  • 院内広報誌
  • 蓮田一心会病院は埼玉県「多様な働き方実践企業」に認定

ページの先頭へ

蓮田一心会病院

〒349-0123 埼玉県蓮田市本町3-17 TEL.048-764-6411